MENU

HOME > 小児歯科

小児歯科で行うこと

小児歯科では、お子様を対象として、主に虫歯治療・予防を行います。

 

お子様の歯(乳歯)は、大人の歯(永久歯)より虫歯になりやすいとされています。「乳歯は永久歯に生え替わるから」と乳歯の虫歯を放っておいてはいけません。乳歯の健康は永久歯の健康、ひいては将来大人になった時の健康な口内環境に影響します。年齢に合わせて親御さんがケア方法を身に付けさせてあげましょう。

 

当院では日々のケアが何より重要と考え、歯科衛生士によるブラッシング指導を行っています。人と会話をする時に口元を隠さないで笑顔に自信をもてることは、社会生活を営む上で人により良い印象を与える要素でもあり、ご自身にとっても精神的な面でプラスの要素となるでしょう。

 

当院ではどんな些細なお口の疑問に対しても患者様のご納得が得られるまで分かりやすくご説明するよう心掛けております。

年齢別の注意点

0~1歳頃

生後6ヶ月頃を過ぎると、乳歯が生え始めます。このとき、歯ブラシはまだ必要なくガーゼなどで拭く程度で問題ありません。歯ブラシを使用するのは1歳頃からになります。歯ブラシを使うようになったら、毎食後磨く習慣を身に付けましょう。

 

ご自宅でのケアの他に行いたいのが、歯科医院での専門的なケア。1歳が過ぎて奥歯が生えてきた頃にフッ素塗布を行いましょう。フッ素には歯質を強化する作用があります。直接歯に塗布することで、虫歯予防に効果的です。

 

2~4歳頃

2歳を過ぎると、ほとんどの乳歯が生えそろい、歯と歯の間や奥歯の溝などブラッシングしにくいところが出てきます。医院で磨き残しが出来やすい箇所をチェックし、重点的にケアしましょう。歯ブラシに加えて、デンタルフロスなどの使用がおすすめです。また、親御さんによる仕上げ磨きも忘れずに行いましょう。

 

また、おやつなどの間食に気を遣うことも、歯の健康的な成長を促します。食事の妨げにならない程度の量にする、決まった時間に与えるなど、注意してあげましょう。

 

5~10歳頃

5~6歳になると、乳歯の奥に永久歯が生えてきます(6歳臼歯)。この歯は、噛む力が強く噛み合わせの基準になるとても大切な歯です。永久歯といっても生え始めの頃は虫歯になりやすいので、さらに注意してケアする必要があります。

 

この頃の予防法としておすすめなのが、医院で行うシーラント。磨きにくい奥歯の溝を歯科用プラスチックで埋めて虫歯を予防します。また、10歳頃までは仕上げ磨きは必要になりますので、丁寧に行ってあげましょう。

定期健診の重要性

定期健診は、日頃お口について抱いている様々なお悩みを解消したり、お口の異常をいち早く見つけたりするための場です。お悩みを解消することで快適な日常を送れますし、早期発見することで早期治療につながります。歯の健康維持には必要です。

 

定期健診は予防には欠かせません。一般的に虫歯の本数は年齢を重ねるごとに増加していくものですが、定期健診を受けているお子様の虫歯本数は横ばい、というデータがあります。このことからも、定期健診の重要性がうかがえるでしょう。

 

お子様は、自分で「定期健診を受診したい」とは言いません。お子様の将来を考えて親御さんが定期健診の受診を促してあげましょう。


 

 

「TKC医業経営情報」

 

「TKC医業経営情報」に「歯科のプロフェッショナルとして『質の高い治療』を追求する」歯科医として掲載されました。

 

「歯科の実力」の「歯周病専門医」として選ばれました

世界シェアNo.1のインプラントメーカー ノーベルバイオケア・ジャパンNobelSmile(ノーベルスマイル)」に登録されました


© 2019 tachihara shikaiin All rights reserved.